メトロイド
任天堂 1986年 ファミリーコンピュータ(ディスクシステム)






<はじめに>

「メトロイド」は任天堂を代表する超メジャータイトルなので、敢えてここで詳細な説明は必要ないだろう(手抜き)。

今回は、当サイトでメインとしている“攻略”ではなく、趣向を変えて検証の結果を報告しようと思う。

既出の情報かもしれないが、筆者が調べた限り他のサイトなどでは見つけられなかったので、

ご存じない方の参考になれば幸いである。

一応何度もクリアして確認をしているので、内容については間違っていないと思うが、

万が一、「ここは違うぞ!」という部分があればご指摘いただけるとありがたい。



<エンディング条件の検証>

当サイトでは「ファミコンエンディング倶楽部」という形でファミコンのエンディング動画収集活動を行っている。

その中でマルチエンディングのタイトルには別ページを設けて紹介をしている。

皆さんご存知だとは思うが、「メトロイド」もクリア時間に応じてエンディングが5種類用意されている、との情報がある。

今回はその検証結果である。

 

ただ、巷の情報通りだったのであれば、わざわざこのようなページを設けて記事を書くこともなかったわけだが、

結論から言うと巷に広がっているクリア時間に関する情報は間違っていることが判明した。

正しい各エンディングの条件は何か、以下の記事を読んで確認してほしい。

 

「いちいち読むのめんどくさいな〜」という方にはマルチエンドのページを見ていただければ、

条件は記載してあるのでそちらをご覧頂きたい。



<調査その1>

まずは、ファミコン実機にてエンディングの収集を開始した。

当初はエンディング条件の検証目的ではなく、単純にエンディング動画収集のためであった。

 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」の「メトロイド」の項目では、エンディング条件について以下のように記載されている。
  ※「最終更新 2018年5月13日 (日) 09:49 」に基づく文書


今回引用したページ

これを要約して、改めて下表に記載する。

尚、各エンディングには説明の都合上、筆者が勝手な呼称をつけているのでご容赦願いたい。


エンディング種類 条件
ビキニエンド 2時間未満
レオタードエンド 2時間以上3時間未満
ヘルメット脱ぎエンド 3時間以上5時間未満
ガッツポーズエンド 5時間以上10時間未満
泣きエンド 10時間以上


これに基づいて順調に「ビキニエンド」、「レオタードエンド」、「ヘルメット脱ぎエンド」まで録画を終えた。

しかし、「ガッツポーズエンド」収録段階で異常事態が発生。

5時間半経過したところでクリアしたのだが、サムスはヘルメットを脱いでガッツポーズをしてくれない。

「あれ?時間の計測を間違ったかな?」と思い、もう一回やり直すもやはり同じ結果。

この時点で『もしかしてウィキペディアの情報は間違っているのではないか?』という疑念を抱き始めた。

ただ、ファミコン実機の「メトロイド」ではプレイ時間は表示されず、唯一それに類する手掛かりは

ゲームスタート時に表示されるDAY(経過日数)ぐらいである。

また、ファミコン実機での調査では、一度クリアするとその時点でセーブされ、また最初から進めなければならず、大変な労力を要する。

そこで、『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』(以下、『クラシックミニ』と呼称)に

「メトロイド」が収録されていたことを思い出し、ここからの調査についてはクラシックミニと実機で並行して進めることにした。

万が一にも無いとは思うが、クラシックミニと実機で条件に違いがあってはいけないので、その確認のために双方で調査を行った。



<調査その2>

ここからはクラシックミニという心強い味方が加わった。

クラシックミニのメリットとして、「プレイ時間が分かること」「どこでもセーブができる」こともあり、調査はかなり楽になった。

それでも、どのタイミングから次のエンディングに切り変わるのか正確に条件が分からない中の調査であったため、

切り換わる条件を見つけるのにはかなりの時間を要したわけだが・・・。

 

調査の中で得られた画像を抜粋して幾つか掲載する。

画像はクラシックミニにてクリアした時のTV映像をスマホカメラで撮影したものである。


上の写真を見てもらうとわかる通り、1時間46分の段階で既に「レオタードエンド」となっている。

このことから2時間未満という条件が正しくないことが分かる。

ゲームスタート時のタイムラグやゲーム途中に発生するロード時間(ディスクシステムであるが故)など
時間のずれを生む要因はあるが、それを考慮するとむしろ2時間+αになるはずだし、15分もの大きな差はでない。

筆者が試す限り、ファミコン実機+ストップウォッチでも同じ結果となった。



この二つの写真からも「レオタードエンド」と「ヘルメット脱ぎエンド」の境が3時間でないことがお分かりいただけるだろう。

以下、同様に・・・



「ヘルメット脱ぎエンド」と「ガッツポーズエンド」の境。



「ガッツポーズエンド」と「泣きエンド」の境。


結果を下表にまとめてみた。

“約”と書いてあるのは、どうしても数分単位の厳密なところまでの検証が困難であるため、

ある程度幅を持たせた形にさせてもらった。


エンディング種類 条件
ビキニエンド 約1時間45分未満
レオタードエンド 約1時間45分以上 約2時間50分未満
ヘルメット脱ぎエンド 約2時間50分以上 約6時間未満
ガッツポーズエンド 約6時間以上 約32時間40分未満
泣きエンド 約32時間40分以上


今回判明したクリア時間に関する情報を表にしてみたわけだが、上記の条件を見ておそらく誰もが感じると思う。

時間があまりにも中途半端なのだ。

さすがにこれはないだろうということで、次に筆者が着目したのはゲーム内で表示される「経過日数」

クリア時間の前後で経過日数がどう変わるかを確認してみた。

すると、やはり、この前後で日数が変化していることが分かった。

ちなみにゲーム内での経過日数1日は30分強 (筆者の感覚だと32〜35分かと)。

なぜか30分ジャストではない模様 (これについては謎のまま)。

 

改めて経過日数で表にしてみると以下の通りになる。


エンディング種類 条件(経過日数)
ビキニエンド 3日未満
レオタードエンド 3日以上 5日未満
ヘルメット脱ぎエンド 5日以上 10日未満
ガッツポーズエンド 10日以上 61日未満
泣きエンド 61日以上


さきほどゲーム内での経過日数1日は30分強と説明したが、今回判明した時間と日数を使ってちょっと計算してみよう。

単純に1時間45分を3日で割ると35分/日、32時間40分を61日で割ると約32.1分/日となる。

多少計測が曖昧とはいえ、ちょっと気になるブレではある。

この点についても釈然としないが、結局のところわからずじまい(何か盲点があるのか)。

 

とにもかくにも、筆者としては正しい情報が判明して、エンディング動画も収録できたのでスッキリした。

もしかするとこの記事を読んでおられる方の中にはウィキペディアの情報をもとに10時間以上プレイして

エンディングを迎えたものの「泣きエンド」にならず、あれ?と思った方もおられかもしれない。

そういった方にもスッキリしていただけたとしたら筆者としては本望である。

また、これから自分の手で各種エンディングを見たいという方がいらっしゃれば、その一助になれればこれまた嬉しい限り。







<追記>(2018年6月20日)

今回、当サイトのメトロイド記事をご覧になった方からたくさんのコメントを頂いた。

その中で筆者が解明しきれなったゲーム内での1日が30分丁度でなかった件について、

筆者的に有力だと思われる情報を紹介したいと思う。

ファミコンのプログラムに詳しい方からすれば、間違った認識の部分もあるかもしれないが、

これをご覧いただいた方から更なる情報が頂ければありがたい。

 

まずは、ツイッターで頂いた情報。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

犬〇屋(ツイッターID:@inumaruya)様から2の11乗の2048秒ではないかとのコメント。

2048秒=34分8秒で筆者の体感の範囲にも収まっているし、丁度2の乗数だ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

さらに掲示板に頂いたカキコミ。

PCS様から以下のコメントを頂戴した。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1・FCには内蔵時計がない。時間を計るには秒間60回の垂直帰線割り込み信号をカウントし続ける必要がある。

2・FC(というか当時の8ビットマシン)のCPUには割り算命令がない。桁数の多い割り算はかなり処理が重いため工夫が必要。

  例えば割る数を2のべき乗数に固定すると、割り算の代わりにシフト命令で済むため処理が劇的に軽くなる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

この二つの情報を考慮して、60×(2の11乗)=122880回カウントをするとゲーム内の日数が1日増えているのでは

ないかと推測。

筆者的にはいい線いっているのではないかと考えている。

引き続き情報求ム!

 

犬〇屋様、PCS様ありがとうございました!



このページで用いたゲーム画像についての著作権は「任天堂株式会社」にあります。
任天堂株式会社ほか然るべき所から画像または記事の削除要請があった場合は速やかに対応致します。
また、このサイトの写真や画像、文章などの無断転載、および無断使用はご遠慮ください。
何かありましたらメールにてご連絡頂けますようお願い致します。



2018年5月26日作成
ウェブサイト:ファミコンマックシング!! 
管理人:のぶすま ゆーいち 



戻る